ただのヒトカラ好きからアーティストになった人

Pocket

実はただのカラオケ好きからアーティストになった人がいます。
その人は来る日も来る日もヒトカラに行って練習していたんだそうです。
仕事帰りにヒトカラで熱唱するのが生きがいでした。
しかしそんな彼はいつしかヒトカラで歌うだけでなく、自分の歌を録音したいと思うようになりました。
そして歌を録音するとそれを試しに音楽事務所に送ってみたのです。
するとどうでしょう。ヒトカラで鍛えていた歌声は音楽事務所に見事目をつけられてデビューが決まったという話です。
あなたももしヒトカラをよく利用するなら、一度自分の歌を録音してみませんか?